none

none
高画質フルバージョンはコチラから

音羽レオン音羽レオン音羽レオン音羽レオン音羽レオン音羽レオン音羽レオン音羽レオン

下町の商店街…派手ではないその街の一角に僕が通う古本屋がある。その店の奥でいつも本を読んでいる一人の女性がいた。そう店主であるレオンさんだ。僕の憧れの人だ。僕は彼女を見る為に毎日その古本屋に通っていた。でもある日、レオンさんが中年の男と親しくしているのを見てしまった。その男は小説家のようで、僕はそれから二人の事を淫らに妄想するようになった。でもそれが官能的な世界を体験するきっかけになるなんて…。